ENVIRON ラセンシアは、ENVIRON(エンビロン)オフィシャルパートナーです。

【1】エンビロンについて»【2】ラセンシアはエンビロンを導入しています

光老化(ひかりろうか)を防ぐため、ビタミンAの効果に注目

シミ、くすみ、小ジワ…肌に起きてくるトラブルの原因は、20%が加齢による自然老化で、80%は紫外線による光老化。美しい肌の最大の敵は、加齢ではなく紫外線だったのです。
この光老化を防ぐために、エンビロンの開発者である形成外科医ドクターフェルナンデスは皮膚科学の研究を重ね、ビタミンAの効果に着目しました。ビタミンAは、肌の働きを正常に保つために必要な成分ですが、毎日浴びる紫外線によって破壊されてしまうため、つねにたっぷり補うことが美肌効果のためには欠かせません。エンビロンは、このビタミンAを中心にビタミンC、ベータカロチン、ビタミンEをバランス良く配合し、肌へ送りこみます。肌本来の働きを高め、みずみずしく美しい肌へ導く、メディカル発想のスキンケアです。

エンビロンの「トリートメント」と「ホームケア」

◆トリートメント

専門のトレーニングを受けたスタッフが最先端の皮膚科学でアプローチするプロフェッショナルケア。
医療の分野でも注目の「イオン+超音波同時導入」で、通常の約40~100倍の浸透を実現(※角層レベル)。その美肌を、あなたもぜひ体感してください。

◆ホームケア

エンビロンは一人ひとりの肌悩みやコンディションに合わせて選択し、肌のコンディションをステップアップしていく、オーダーメイド感覚のスキンケアです。
使い続けるほどに美しい効果を実感していただけます。

世界約70ヶ国、国内1,300ヶ所で導入

エンビロンは1987年に南アフリカ共和国で発売以来、世界70ヶ国以上の人々に選ばれ愛され続けています。
日本では1991年に販売を開始。
以来、多くの医師やセラピストに実力を認められてきた結果、現在では国内1,300以上の医療現場やサロンで導入されるようになりました。この実績は、エンビロンの信頼の証です。

医師が研究・開発したエンビロン

◆光老化対策の先駆者、Dr.フェルナンデスが研究・開発。

デスモンド・フェルナンデス(写真中央)と。
エンビロン・スキンケアシステム開発者/形成外科医

エンビロンは1987年、サンケア先進国である南アフリカ共和国で形成外科医・ドクターフェルナンデスにより、研究・開発されました。当時、彼が勤務していたケープタウン大学病院で、2人の若者をメラノーマ※で亡くし、尊い命が奪われたことで皮膚ガンのメカニズムについて調べはじめます。その結果、紫外線による肌ダメージの予防に対するビタミンAの有効性を確信します。そして3年後、可能性は確信に変わりエンビロンが誕生したのです。

※メラノーマ= 悪性黒色腫メラノサイト由来の皮膚ガン。


戸澤 明子
株式会社プロティア・ジャパン
代表取締役/医師

◆日本でエンビロンを広めた女性医師、戸澤明子。

エンビロンの存在を知った日本の女性医師は、それまで日本で類を見なかった「光老化対策」というコンセプトに衝撃を受けました。そして、自ら開業したクリニックでエンビロンのスキンケアを指導すると、多くの患者さんがトラブルから開放されていったのです。この実績が、日本でエンビロンを取り扱うきっかけとなり、女性医師は1991年、企業家に転身しました。株式会社プロティア・ジャパン代表の戸澤明子です。
以来、一人でも多くの方にエンビロンを伝え、正しいスキンケアを知ってもらうために精力的に活動。今やエンビロンは、全国1,300以上のクリニック、スキンケアサロンで採用されるブランドとなっています。


»【2】ラセンシアはエンビロンを導入しています