Dr.MASAKOの思い

1960年/大分県中津市生まれ
1985年/久留米大学 医学部卒業
株式会社エリシャルーム代表取締役
・ラセンシア久留米、ラセンシアアンジュ福岡天神、ラセンシア中津オーナー
・久持クリニック副院長

※Dr.MASAKOからの美容情報
 「ラセンシア通信」はコチラ

ラセンシアは、オーナーDr.MASAKOの、医学・薬学的見地と、 女性としての美と健康の視点をあわせ持った メディカルエステティックサロンです。

いつもありがとうございます。
オーナーのDr.MASAKOこと、久持聖子(ひさもちまさこ)です。

当サロンはお仕事を頑張る女性や、家事・育児で毎日忙しいママ、人生の先輩でもあるシニアの方々、ニキビや脱毛にお悩みのお子様まで幅広い年代の方にご来店いただいております。親子二代、三代でお越しいただいている方もめずらしくありません。

少し余談ですが、ヨーロッパではエステティシャンの教育レベルが高く、医師と同じくらいの社会的地位や信用も確立していると言われています。
私は、スタッフを正しい知識と技術、そしてホスピタリティを身につけ、多くのお客様の悩みを改善できるように育成することが、日本のエステ業界全体の向上への貢献だと考えております。

全年齢の女性が、美しく健康でいられるように安心して通って頂けるメンテナンスサロンとしてラセンシアを選んでいただければ幸いです。

小児科医の私がエステサロンを作ったワケ

私は小児科の医師としても活動しています。「小児科の先生がエステを??」と、不思議に思われることもあります。
エステ=皮膚科医という公式が何となく頭の中にあるのも無理はありません。

小児科医をしていて感じることは、子供達の「パワー」です。
生きる力、まさにエネルギーの塊です。まわりの大人も子供を見ていると元気になれます。(ちなみに小児科の看護師さんや事務の方も大人を診る病院よりも元気でハツラツとした印象なのもうなずけます。)
子供の頃のようなパワーをできるだけ保ったまま年齢を重ねることができれば、こんなに素晴らしいことはありません。
そのためにも心身ともに病にならないように心がけて日々を過ごすことの大切さ(予防医学)を医療の現場で子供達に教えられたように思います。

ラセンシアは「予防医学」。

今、ネットや雑誌を見れば情報や商品が溢れ、何が良いのか逆に分かりにくい時代です。だからこそ、本物を選ぶ力が必要になってきます。
ラセンシアでは医学薬学に基づいて、私がドクターとしての見解と女性としての視点で選び抜いた施術や商品を提供しています。

皆様が健康や自分を大切にすることに目を向け、ストレスを軽減したり、身体に良いものや心地よいものを選ぶことを習慣にして頂く。美しくなって気持ちまで明るくなっていく。ラセンシアが提供しているのは、まさに「予防医学」なのです。

「毎日を健康に、美しく楽しい人生を送る」をご提案できる、皆様に一番近い存在でありたいと願います。